京都のデザイン制作会社 デザイン カンパニー アートクリック

京都のデザイン制作会社

btn_menu

アートクリックのスタッフブログ

これだけはおさえたい印刷データの作り方

2016年08月6日

これだけはおさえたい印刷データの作り方

illustratorのデザインデータを印刷データにする際に注意したポイントをまとめました。

トリムマーク(トンボ)

仕上がりサイズでトリムマークを作成します。
トリムマーク

この際、仕上がりサイズより3mm余分にデザインを作る必要があります。
この3mm分のことを「塗り足し」と言います。
※塗り足しは実際は断裁されてますので、切り落とされては困る文字情報などはレイアウトしないように注意が必要です。
塗り足し


文字のアウトライン

文字情報はすべてアウトラインを作成します。
文字のアウトライン

念のため、文字情報がないかを確認します。
「書式」>「フォント検索」
※ドキュメントのフォントにフォントが表示されている場合、アウトラインされていないフォントがありますので確認をしてください。
アウトラインの確認


ドキュメントのラスタライズ効果設定

設定内容が、下記になっているかを確認します。
——————–
カラーモード:CMYK
解像度:高解像度
——————–
ドキュメントのラスタライズ効果設定


ドキュメント設定

設定内容が、下記になっているかを確認します。
——————–
透明のプリセット:高解像度
——————–
ドキュメント設定


スウォッチの確認(特色)

スウォッチに特色が使われていないか確認。
特色がある場合は、プロセスカラーに変換します。
特色からプロセスカラーに変換


リンク(画像の埋め込み)

画像が埋め込まれているか確認。
※リンク画像を一緒に入稿する場合は、埋め込む必要はありません。
画像の埋め込み


まとめ
今回説明した内容をデータチェック用のアクションファイルとして用意しました。こちらからダウンロードできますのでよかったら使って下さい。
せっかくキレイにデザインした印刷ファイルも、データに不備があると想像した仕上がりにならなかったり、納期が遅れてしまったりします。十分注意して入稿して下さい。